読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨山真由(行動定着コーチ®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

「女性活躍を支援する組織マネジメント」

本日の午前中は、

東京しごとセンターで開催の『女性活躍を支援する組織マネジメント』の公開講座に参加してきました〜!
 
東レ経営研究所のダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長の宮原さんにお誘いしてもらい、わたし自身も働く女性の立場として講義を受けながら、さらに日本は女性の活躍推進が増すことにより経済も豊かになると指標でも実感しました。
 
゚・*:.。. .。.:*・゜
○途中の映像では、
 男性管理者の方が女性部下をマネジメントするのに試行錯誤する姿が映し出されていました。
 
管理者(男性)は、
本当は女性社員にも期待したい。
しかし、女性は<結婚すると退職する>とか<育児で短時間労働になる>とか、
組織の中で仕事を通して、キャリアを築きにくいと感じているようですね。
 
一方で女性社員(部下)は、
もっと仕事で働きがいを見つけたいのに、
なんだか同期でも男性社員の方が上司に期待されているように感じて、
自分がステップアップしていく生きがいを職場では見つけにくいようですね。。
 
この映像は2000年頃のもので、
現代社会では、男性管理者と女性社員のスキマは減少傾向にあると思いますが、
それでも女性の社会進出は諸外国より低いと言われています。
(101位/135ヶ国中)
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
 
今の日本では、
若手(25歳以下)を対象にしたサーベイ結果だと、ほぼ男性と女性の価値観が均等!という現状ですよね〜。
むしろ最近は、若手女性の方が丁寧な顧客対応で数字結果も良いと言われているくらいです。。
 
そんな近年の課題と傾向は、
中堅人材の男性・女性が共に、
・管理職になりたくない
・管理職になったら心労が増える
・自分の部長や課長を見ても
   あまり幸せそうに感じられない 等
 
゚・*:.。. .。.:*・゜
 
う〜ん、
少し切実な問題ですよね。
 
仕事を通して組織に貢献しながら、
自分の“ライフ”と“キャリア”を両立して、
素敵に社会で働き続けるのが理想な国家なのでは?と常日頃感じています☆彡
 
f:id:mayu-tomiyama:20150224133037j:plain