冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

相手への『伝え方』

◯相手になにかを『伝える』こと

これは、意外と難しいですよね。
自分は、きちんと相手に話しをしたはずなのに伝わっていなかったり、
相手が分かるように話しをしていたはずなのに聞いていないと言われたり。。
 
゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚
 
最近は、この様な「きちんと人に伝えるにはどうしたらいいですか?」の質問が増えています。
 
まずわたしは、
<1step>
自分が伝えたいことを話し始める前に、
“相手が話しを聞ける状態にあるか?”どうかを観察してから話しかけるように勧めています。
 
次に、
<2step>
自分が伝えたいことを、
一度相手に抽象的な内容で問いかけて、
[S企業の進捗状況どうですか?]
その相手の反応を見てから、
[覚えているけど手を付けていないか/そもそも忘れているだけなのか]
どの様な伝え方で話しをするか判断してほしいと勧めています。
 
゚*。,。*゚*。,。*゚
 
基本的に「人」はヒトに期待をします。
そのヒトに期待を外されると、
無駄にイライラしてしまいますよね。。
 
その前に。
<ちょっと深呼吸して心を落ち着けて>
 
自分が相手に伝えたいことが、
相手に正しく伝えられるように、一度相手の状況を見て、抽象的な内容で声をかけてから本題フェーズに入る方が、
お互いに理解を得ながら業務推進していくことができます!
 
゚*。,。*゚*。,。*゚
 
実は、ほとんど管理者の方が、
「人」に何かを『伝える』ということが課題だと感じている傾向があります。
 
それは、自分(上司)は出来ることが、
なぜ相手(部下)が業務進行の中で出来ないのか、そもそも論で“なぜこの人は分からないのだろう?”と、
本当の意味では理解し合うことが出来にくいのかもしれないですね。
 
<<自分から相手へ問いかけてみる>>
 
もしその後の反応が、
ただ「はい」と発言のみ。
「今は無理です」「わたしも大変だから言われたら困ります」の回避言動のみ。
 
これらが目立つ様でしたら・・・
 
その方の人材育成をする上で、
相手に<行動変容>を起こさせて、新しい行動を定着してもらう必要があるため、
専門的にコーチ支援をしてあげる方が望ましいですね☆彡