冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

「自分事」と「他人事」

皆さん、

『自分事』と『他人事』をどのような定義にしていますか??
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
 
毎日色んな方とセッションをしたり、
わたしは社内でも業務報告でコーチングを活用していますが、
人によって“自分事”と“他人事”の捉え方が違うということに関心を持っています。
 
◯「自分事」とは、
物事を自分目線で客観的に捉えること、
良い出来事は、“仲間の協力のおかげ”や“ご先祖さまに見守られてるおかげ”など感謝と共に生きることを大切にしている様に感じます。
その一方では、あまり良くない出来事は“もう少し自分自身が成長しなくてならない・・・”と内省をしている傾向もあります。
 
゚*。,。*゚*。,。*゚
 
たまに「自分事」を、
全て“自分のおかげ”と捉えている人がいらっしゃますよね!
 
ある意味羨ましいかもしれないです。
色んな物事に対して、
良い出来事は“自分”と良くない出来事は“自分以外”と思うのはストレスが軽減されそうですね。
 
しかし、不思議なことに!
日頃から自分のみ目線になっている方の方がストレスを感じている割合も高いという数値データがでていました。。
 
(※本人は気が付いていない)
 
゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚
 
いつも自分のことだけ見ていると、
余計に周りの反応を気にし過ぎて、、
過剰にストレスを感じているのかもしれないですね(o>_<o)
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
 
現代はストレス社会ですが、
しなやかにたくましく生き抜くのに、
自分自身が「感謝」を大切にすることで救われることも多い様に感じています。
 
いつも自分のみ目線で、
皆さんの周りに相手目線の配慮にかけている方がいらっしゃったら、
ぜひ手を差し伸べて<自分と相手>がいるから“人生を豊かに送れるんだ”ということをさり気なくお伝えいただけたら嬉しく思います☆彡