読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨山真由(行動定着コーチ®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

基盤は「行動」で、働き甲斐の中で“関係性”を加えていきましょう!

こんばんは。冨山です。

今週が慌ただしく月火水とダイアリー更新できずに失礼しました!
 
さて、
最近個人的にも関心があり、
企業様との間でも話題になることが。
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
 
やはり仕事の上では、
◯「行動」を基盤にしないと“感情”で判断していくと曖昧になる
◯組織の「仕組み」作りの後に、働き甲斐の“関係性”を加えないと効果がない
 
これら特徴は、
社会の中で働く人たちにとって、
必要不可欠になります。
 
゚*。,。*゚*。,。*゚
 
短期間で[目標達成]のみなら、
数回のワクワク系の書籍を読むやモチベーション系の講座を受けるかで、
一時的に効果が表れるかも?しれないです。
 
しかし、
必ず「人」は身に付いていない行動は、
元の習慣に戻ってしまうんですね。
 
これから、
短期から中長期にかけて、
[目標達成]×[人材育成]を望まれる際には、
一早く曖昧な業務を行動指針にして、
共通認識のチェックリストで見える化にするのをお勧めしています。
 
゚*。,。*゚
 
決してわたしが行動定着コーチ®なので、
自社の宣伝をしているのではなく〜。
 
゚*。,。*゚
 
大企業の方でも、
2割以下の人材が8割以上の数字を上げ、
今の組織経営が成り立っていると真顔で話されています!
 
こちらふと考えると。
実は大変こわい状況になるのでは?と、
自分の会社以外を心配するのはおこがましいですが、、常日頃で感じています。
 
゚*。,。*゚*。,。*゚
 
なぜならば。
 
少子化になり新たな人材の確保が難しい上に、
今現在で目標達成をしている昭和の精神論「まず何か役に立つように頑張りなさい」タイプの管理者の方が、今現在で人材育成をしないで平成の教えられ世代の承認欲求「まず何をやるのか一つずつ教えてもらい、さらに認めてもらえないと頑張ることができない」タイプの若手たちをそのままにすると、、
 
むしろ年度毎に状況は、
[・・・・・]となっていきますよね。
 
゚*。,。*゚
 
どうしても、
この会社は働き甲斐がないと感じて、
さらに転職しやすい環境なので、
良い人材になる可能性を持ち合わせている方も流出してしまいます★彡
 
[参照]
 
゚*。,。*゚゚*。,。*゚
 
今の日本では、
きっと2018年頃までは景気もそこまで落ち込まないだろ〜と言われているので、
ぜひいまのうちに!!!
 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
 
皆さまの会社の中で、
事業部の業務を行動指針にしていく準備だけでも、気が付いた方からしていくといいのでは??と感じております(o^_^o)
 
 
[参考書籍]
会社の目標を達成させる
 「仕組み」の作り方
 
 
2015.4.16  Tomiyama Mayu