読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨山真由(行動定着コーチ®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

数年後☆会社の明暗を分けるかもしれない?!『仕組み』の作り方について

こんにちは。冨山です。
わたしは行動定着コーチ®をしていますが、
今までMBOの目標管理のテーマが大半でしたが、そこにCDP(キャリア・デベロップ・プログラム)が組み合わさるのが主流です!

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. 

大手企業の次世代リーダーという有能な方たち向けには、

MBO(目標管理)
 目標設定のポイントは、
1.明確で具体的な目標にする
2.適正な目標レベルの設定をする
3.時間軸の設定をする
4.目標を達成するための方法を明記する
5.会社目標との関連や自分の使命は何かを考えながら目標設定する

◯CDP(能力開発)
 1.自分の職業について考える機会をもつ
 2.長期的にどのような仕事につきたいかの目標を定める
 3.それに必要な能力や経験を明らかにする
 4.それらを身につけるための教育や配属を計画する

これらを組み合わせて、
従来のMBOでの目標管理のみではなく、
一人一人を中長期の視点で企業内でキャリア開発をしていく必要があります☆彡

゚*。,。*゚*。,。*゚

実は優秀な人ほど、
部下を育成できにくいという課題もあり、
(なぜならば行動が暗黙知のため)
マネージャーや次世代リーダーの方には、
[目標達成×人材育成]を手法を身に付けて教えて育ててもらう必要があります!

゚*。,。*゚*。,。*゚

もう精神論の「いいからやりなさい!」だと、
誰もついてこれないのが現状なので、
この部下には「どうしたら理解してもらえるか?」と課題解決の思考法で育成をしていくのが大切になります。

ただ目標管理シートをチェックしていくだけだと、人材が育成されにくいので、そこに具体的な行動を言語にしたり承認のフィードバックを与えて、自発型人材に成長してもらう必要があります(o^_^o)

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

これら『仕組み作り』は、
[目標達成・人材育成・評価制度]のどれに対しても必要になります。
たまに基盤を作らずに、顧客満足を高めて/組織風土を高めてを優先している企業様もいますが、(もちろん大事なこと)、目の前のことばかりに気をとられていると時代の流れから取り残される可能性がでてくると思います。

ここ数年で優良企業として株が伸びている企業の共通点としては、
やはり「目標達成」するための「人材育成」の“仕組み作り”を意識しており、さらに社内のみではなくわたし達のような外部の人材の強みを集めて、着実にプランを実行されています。

大企業から中小企業まで、
行動定着コーチ®を担っていますが、
すでに上記を取り組んでいる企業様と取り組んでいない企業様では、、約5年後には明暗が分かれるのでは?と確信しています(o´・ω・`o)

f:id:mayu-tomiyama:20150516205626j:image

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. 

ぜひ企業で人材ご担当をしている方は、
MBO(目標管理)シートとCDP(能力開発)シートを組み合わせて評価制度に繋げたり、
グローバル社会に笑顔で勝ち抜くためには『仕組み』作りが必要不可欠になるので、1日でも早く取り組んでいただきたいと願っています。

[参照]



2015.5.16  Tomiyama Mayu
自発型人材に大切な「行動」を通して、
働き甲斐のある組織作りを目指します☆彡