読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

『事象』と『本質』について

こんばんは。冨山です。
いかがお過ごしでしょうか〜?

今回のテーマは、
最近わたしの中で人材育成をする上で、大きく2つの気になるワードを内容にします。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

そもそも『事象』とは?『本質』とは?

事象:観察できる形で表れる出来事
◯本質:最も大切な事柄における要素

わたしは人材育成をする上で、
目に見える「事象」は教育していくと効果が表れるので測定しやすいと感じます。

わたしは人材育成をする上で、
目に見えない「本質」は教育しにくいので効果が表れにくいため測定しにくいと感じます。

これは特に社内にいると、
さまざまな事象と本質が行ったり来たりで、
もはや正解が分からない状態で混乱してしまうこともあります☆彡

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

皆さんはどうでしょうか?

わたしの友人や知人にインタビューをしてみると、人材育成において「事象」に焦点を当てる方が大多数で、「本質」に焦点を当てる方が若干名でした。

゚*。,。*゚*。,。*゚

やはり人材育成をする上では、
目に見える「事象」で十分であり、目に見えにくい「本質」には関わらない方が望ましいのでしょうか(o?_?o)

゚*。,。*゚*。,。*゚

先月のテーマは、
大枠で次世代リーダーに必須なスキルは?を上げましたは、それは何よりも“セルフマネジメント力”だという計測データからも納得を得られましたが、、今回のテーマは終わりのなき旅の様な気もします。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

どなたかご意見とご感想がありましたら教えて欲しいです。

あらゆる書籍を読んでも見つからないです。
やはり人材を育成するお題は、
同じ志の方と意見交換するのが一番大切な気がしますね╰(✿´⌣`✿)╯





【働き甲斐のある組織作り】
 「仕組み」+ 行動定着コーチ®
  2015.6.09  Tomiyama Mayu