読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

上司と部下の「価値観」の違いについて

こんにちは。行動定着コーチ®の冨山です。
一週間ぶりのダイアリーになり失礼しています(o>△<o)

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚
私事ですが、
書籍企画が順調に2冊程進んでいまして、
仕事以外の時間をそちらの項目の書き出しに使っていました〜。
゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

さて、今回のテーマは☆
「上司と部下の“価値観”の違い」について。

f:id:mayu-tomiyama:20150617232333j:image

これは、仕事の上で人生に影響を与えているのでは?に等しい問題だと思っています。

+゚*。:゚+.゚*。:゚

わたし自身は、会社で上の立場の方に優しさより厳しさで成長の促進をしてもらいます。
一方で同僚からの目線だと、優しさより厳しさで仕事を任せられてるように見られて心配されることもあります。。

これは同じ環境の中にいながら、
「人」により受け取り方(=価値観)が違うのかもしれない?ということに繋がりますので、仮説を検証してみることにしました!

+゚*。:゚+.゚*。:゚

すでにお気付きの方がいそうですが、
わたしの価値観では、楽な道より苦の道の方が仕事の上では大切にして選択をしています。

この楽より苦の方が望ましい人は約2割以下とすると、この苦より楽の方が望ましい人は約8割以上だとデータ上では分析されています。

これはわたしにとって大問題でした。
まさに人に関する大半の悩みは、「どうしてこの様な状況で◯◯の行動を起こさないんだろう?」に付随していると気付いてましたし、
その一方で“きっと◯◯さんが対応をしてくれるから大丈夫じゃない〜”の楽観的な方と価値観が合わない%が見える化されたので...分かち合えるか困惑しました。

+゚*。:゚+.゚*。:゚

今はおかげ様で、
「人材育成」の仕事を担うようになり、
全ての人に関する物事に囚われているのは“自分”なんだと知ることができました(ノw`*)

+゚*。:゚+.゚*。:゚

さ〜この事実を知ってからの方が、
さらに悩みが増えたことは予想されると思われますが、、
(なぜならば人は自分の事を客観的に見ないと改善ができにくいから)
数多くのメンターの方に、素晴らしい助言をいただきながら日常で実践行動を続けています。

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚

最近では、数年前に比べて、
人の問題で感情に振り回されることがなく、
全て行動に焦点を当てて、その人に関する物事を解決に導いていく手法を身に付けました☆彡

続く・・・




【働き甲斐のある組織作り】
 「仕組み」+行動定着コーチ®
  2015.6.17  Tomiyama Mayu