冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

相手とのコミュニケーションは、信頼構築の行動を見える化しましょう!

こんばんは。行動習慣トレーナー®兼行動定着コーチ®の冨山です。

週末は、鎌倉トレイルランに行ってきました〜最近は山の中をゆるやかに走るのを楽しんでいます(o^_^o)

f:id:mayu-tomiyama:20150913203416j:image

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+ 

「自分」と「相手」
親子や中学時代からの友人など、
何でも言い合える信頼関係が築けていれば、
そこまでコミュニケーションを意識しなくてもいいかもしれないですね。

ただ社会にでると、
会社の内と外を含めて、沢山の方にお会いするので、一人ずつ関係構築をしていくのに多少時間がかかります。

(もちろん直属の上司や部下などお得意様とは時間をかけて信頼構築をした方が望ましいです^^)

そうなると、
いつでも・どこでも「相手と信頼構築を得られる人」といつでも・どこでも「相手と信頼構築を得られない人」に差が生まれてきます。

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚

皆さんはどうしていますか?

⚪︎営業活動が得意な方
⚪︎企画提案が得意な方
⚪︎資料作成が得意な方

⚪︎物事を言葉で伝えるのが得意な方
⚪︎物事を文字で伝えるのが得意な方

沢山のタイプがいらっしゃるはずですね。

+゚*。:゚+.゚

昨今の社会では、
営業の方が事務作業をしたり、設計の方が顧客営業をしたり、研究の方が講演活動をしたり、と自分の専門だけではない分野も補強しないと生き残れない時代です。

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚

そこで何より大切なのは、
やはり仕事をする上で「人」とのコミュニケーションが、信頼構築を築くのに必須ですね!

「自分」から声をかける時には、
大きく3つのポイントを「相手」の方に対して意識をしていただけると、
①口角を上げて笑顔
②相手の目を真っ直ぐ見る
③滑舌よく話しかける
これだけで職場コミュニケーションが20%向上した組織行動サーベイの結果もでています!

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚

ここで余談ですが、
下記にある例で注意点をあげます。

×「自分」は事務職だから営業はできない
×「自分」は設計職だから営業はできない

まず「自分」は◯◯だから△△できないというのは間違いですね。もしかしたら新たな可能性を伸ばすことを諦めているかも。。

×「相手」は営業職だから事務ができない
×「相手」は営業職だから設計ができない

つぎに「相手」は◯◯だから▽▽できないというのも間違いですね。なせならば新たな可能性に気づくことを諦めているかも。

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚

要するに、
自分」が出来ないとか「相手」が理解できないとかではなく、、
具体的に信頼構築を行動にすることによりコミュニケーションを築いていけます。

ほんの少しの行動で、
大きくキャリアを好転した方を何十人か支援をしてきまして、実践の上でも証明ができます。

これは社内外でも同じなので、
自分から「相手」へ信頼構築を行動で現して、全体の話しが進むようにお互いの関係を見える化していきましょう☆彡

f:id:mayu-tomiyama:20150913213417j:image

f:id:mayu-tomiyama:20150913213431j:image




【働き甲斐のある職場作り】
 「仕組み」+ 行動習慣トレーナー®
                        行動定着コーチ®
  2015.9.13  TomiyamaMayu