冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

『人間とは何だ!?』での行動療法

皆さん、こんばんは。
連休は、いかがお過ごしでしたか?

わたしは、ゆっくり執筆したり企画したり過ごしておりました。

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

今ちょうど『人間とは何だ!?』がTBS系列で放送されていますね。

f:id:mayu-tomiyama:20160321223220j:image

普段あまりTVは観ないのですが、
ふと帰宅してからソファーに座り興味深く見入っていました。

さまざまな人の行動特性を検証しています。

まさに行動科学メソッドと同じです。
「人」が出来ることや出来ないことも、
全て事前と事後の行動に繋がっていきます。

これまでは、認知療法での脳を刺激することが大半でしたが、
昨今では、行動療法での効果が重要視され認知行動療法として[行動]に焦点を当てて、
クライアントの方を支援している医師や専門家の方が増えているそうです!!

とても嬉しいですね。

日本人は「感情」を大事にされる方がいますが、自分の心での感覚は大切にしながらも動作を見極めて意志や根性ではなく、成果に繋がる「行動」も大切にしてほしいと感じています。

これを機に色んな方たちが、
「人」の行動に興味を持って、
(あの人は何も出来ない)(あの子は学ぶのが遅い)(どうして分からないんだろう…)
あまり心の感情の声で反応せずに、[どうしたら伝わるだろう?]と行動で考えて、具体的な指導にして動機づけを支援すると、どんな人でも関わり方次第で変わると自信を持っています(o^_^o)

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

ぜひ自分の行動特性を見極めてほしいです。
さまざまな事象に気が付きます。どういう時に嬉しくなり・どういう時に悲しくなるかの傾向も分かります。

必ず「行動」が変わると目の前のヒト・出来事が変わります!!

新入生を迎える方や部下後輩がいる方や小さなお子さんがいらっしゃる方は、
相手の行動観察をして特性を把握してみてください〜☆彡




【行動科学メソッドの大切さ】
   2016.3.21   冨山真由