冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

『人生を変える習慣のつくり方』

こんにちは。冨山です。*^^*

最近は、「行動」や「習慣化」に関する書籍やセミナーなど見かけるので嬉しいかぎりです!

 

f:id:mayu-tomiyama:20170120173423j:image

 

つい数年前までは、

“え?行動が大事なの”

“やっぱり意識や気合でしょう”

“そもそも習慣ってなに?定着ってなに?”

このように、まわりの知人や友人からも言われていました。。

 

今では、

「すぐ!やること」大切だよね。

やっぱり「行動」することで変われるね。

なにより「習慣化と定着化」が重要になるね。

このように、皆さんの意識が行動(言動)になって変容しているのを近頃感じています。♫

 

とても嬉しいです。

今の時代は、新行動主義に突入し、

人の目に見えない意識や感情も「認知行動」として形式知にすることで、あらゆる問題も解決できるようになりました!!

 

人の悩みの大半98%は、相手との人間関係だと言われています。その悩みは多岐にわたりますが、ほとんどは“頭の中で勝手に生み出されているもの”と、某米国大学の実験データからも検証されています。

 

例えば、

・あの人はわたしのこと好きではないかも

・なにか会議中にわるいこと言われているかも

・昨日のメールに返信がないから食事の約束はキャンセルに違いない、嫌われたかも

いろいろ例をあげたらきりがないですね!!

 

事実は一つしかないので、そうかもしれないし/そうでないかもしれない、と考えることが大切になります。その上で、自分がどうしたいのか感情という「認知」を形式知にして行動(言動)にするには何より重要です。

 

例えば、

・あの人はわたしのこと好きではないかも

  ⇒自分がその人に好かれたい場合:

 [お昼休みにランチへ誘って話しをしてみる]


・なにか会議中にわるいこと言われているかも

  ⇒なにか仕事で気になる点がある場合:

  [自分の業務に抜け漏れないか再度確認をしてみる]


・昨日のメールに返信がないから食事の約束はキャンセルに違いない、嫌われたかも

  ⇒自分がその人と食事に行きたい場合:

   [もう一度連絡をして、明後日までに返事をもらえたら嬉しいと伝える]

 ⇒自分がその人と食事に行きたくなった場合:

   [今月は忙しそうだから、また来月以降に予定を調整し直そうと伝える]

 

なにを言いたいのかというと、

ずっと頭の中で“もやもや”と“ぐにゃぐにゃ”考えていても解決するどころか、さらに悩みが派生していく危険性もあるので・・・まず[具体的な行動にしてみる!]ことが変容させるための第一歩になるんです。╰(*´︶`*)╯

 

日常の業務ややり遂げたいことを『行動』にできたら、その次のステップで「習慣化」や「定着化」にも取り組んでもらいたいですね。☆彡

 

それでは、素敵な週末をお過ごしくださーい!

 

 

 

行動習慣コンサルタント®︎

行動定着コーチ®︎                冨山真由