冨山真由(行動習慣コンサルタント®)

皆さんが目標計画を達成していく方法をご紹介します☆彡

いろいろ研修を通して学ばせていただくこと♫

こんばんは。

もう早いもので夏が終わりますね。。

 

 

海や花火を満喫されましたか?!

冨山は、浴衣を数年ぶりに着ました。一夏の思い出で、海で泳いだり花火大会には来年こそ訪れたいな〜と思います(o^_^o)

 

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

本日は、とある岐阜の観光ホテルにて、

管理者層向け「マネジメント技術セミナー」で登壇させていただきました。

 

f:id:mayu-tomiyama:20170828192839j:image

 

会場が、新幹線の駅から遠くだと、

ご丁寧に主催者の方にお出迎えやお見送りをしていただけますが、その行き帰りでの会話を密かな楽しみにしているんです♫

 

行きであれば、雑談を交えた中で「期待したいことは何ですか?」と問いかけて、ざっくばらんにお応えいただき参考になります。

帰りであれば、振り返りをしながら「研修の内容はいかがでしたか?」「どんなことを現場で取り組んでいただけそうでしたか?」と率直な意見を頂戴できるので貴重なひと時です。

 

経営者の方向けには、『若手の人材活用』や『働き甲斐のある組織のあり方』をテーマに講演させていただく機会もあります。

 

わたしは、ざまざまな受講者との交流を大切にしながら研修を進めていけるよう進行をしています。主役は受講者の方たちで、その方たちが必要としている情報を『行動』に焦点をあてて伝えていくのが、講師の役割だと認識しているからです。

 

こちら側が学ばせていただいたり、人の価値観により落としどころが異なるということに気がつき、より伝え方の数も増していきます。☆彡

 

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

その中で経営者の方には、

ある一つの成功法則があるんだと、過去600人近い経営者層の方とお会いして、

気づきを得ると同時に学ばさせてもらいます。

 

それは何か?というと、

『当たり前のことをちゃんとやる』か“面倒だからやらないまま・・・”の差に尽きます。

 

本日のセミナーをご聴講いただいた経営者の方に駅までお見送りいただいた際に、正味15分程度の会話でしたが再認識しました。

 

その方は、「今日のセミナーは新たな視点で勉強になりました」「これからの時代は働き甲斐を大切にフォローしてあげる必要があることを具体的に知れました」・・・

 

・・・『実は、わたしも仕事とプライベートで行動目標を決めてチェックリストを続けているんですよ』・・・

 

「仕事場では、若い子に1日3回の声かけできたか”を自己チェックし、家庭内では“毎朝妻におはようと挨拶し帰宅時の夕食ではご馳走さま美味しかった、というのを自己チェックしてるんです。」

 

素晴らしい!です。

「先生のセミナーを受けて、頭の中で繋がったので照れ臭いけどね」と教えてくれました。

 

『当たり前だけど、忘れてしまいそうなことを自己チェックリストにして継続していくことが大切なんです』と!!!

 

このことは経営者の方はもちろん、企業で役員クラスの方や事業部でリーダーをしてる方も似たようなことをおっしゃいます。

 

このほかにも、

『人生だからね、もちろん良いことばかりではなく半分くらい都合の良くないことも起こるけど。そんな時に、自分のために与えてもらえたか相手のせいで不都合だと感じるかの差なんですよね』『どんなことでも意味ありますからね、その真っ最中は不幸のどん底でも抜けてみたら次の機会に恵まれていたり分からないもんですわ』と、深いい話をして帰路に着きました。

 

簡単なことで難しいですよね。

わたしも心がけてはいますが、何気ない一言で誤解を与えたり良かれと手を差し伸べたことが裏目にでたり、人生には山と谷が付き物です。

 

そんな際に、“どうして○○さんは理解してくれなかったんだろう”と嘆いてもモヤモヤは広がるばかりです。

 

わたしは、そのような感情を心に抱いたら、

“認知が歪んでるのかも?”と自己を見つめ直し、相手が大切にしている価値観を阻害したかもしれない・・・と深く反省し同じ失態を繰り返さないように、よちよち日進月歩です。☆彡

 

人材育成を通して、

自己を成長できる機会に恵まれて幸せ者です。

 

 

╰(✿´⌣`✿)╯

 

行動習慣コンサルタント®︎

行動定着コーチ®︎               冨山真由